タウシュベツ川橋梁を訪ねてVol.2~8月の上士幌町



2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真



d0340565_20155545.jpg

撮影日2017年8月6日  上士幌町にて

「タウシュベツ川橋梁」は11連アーチで構成されています。

タウシュベツ川橋梁は1937年(昭和12年)に完成されたそうです。

そして糠平ダムと旧士幌線の移設に伴い、55年に糠平湖に沈んだそうです。

旧国鉄士幌線にはほかにもアーチ橋があります。



d0340565_20161062.jpg

例年より水位が低いので橋の崩落している様子がはっきりとわかります。

私たちは橋の周りをぐるっと回り見学しましたが、

橋の下にはロープが張られて立ち入らないようにされています。

大きな石が落ちてくるので危険だそうです。



d0340565_20162174.jpg

糠平湖はダム湖です。

?0年前、小学生の時に訪れたことがあります。

大きなダムと綺麗な湖だったのを覚えています。



d0340565_20163297.jpg

こんな山奥にこのような橋を作るのに苦労されたかと思います。

北海道遺産の一つになっています。

橋と湖と山並みを眺めていると不思議なくらい癒されます。



d0340565_20164189.jpg

アウシュベツ川橋梁に向かう途中。

地元では、「完全につながった状態を見られるのは今年で最後かもしれない。」と危惧しているようです。


人気ブログランキングへ“ポチッ”と応援お願いします (*^_^*)

[PR]

by miemamu | 2017-08-15 20:33 | 写真 | Comments(0)